見出し画像

LINE採用コネクトの「選択肢シナリオ」活用術|自社への興味を促す!

採用活動でLINEを導入したい/導入したものの、学生にどんな情報を発信すればよいのか分からない・・・というご相談を受けることがよくあります。

せっかく学生が友だち登録してくれたのに、説明会の募集が始まるまでしばらく放置...というのはあまりにも勿体ないですよね。

今回は採用ターゲットである学生に自社へ興味を持ってもらい、志望度の高い状態で選考に進んでもらうための施策を、LINE採用コネクトカスタマーサクセスチームがご紹介します!

採用におけるリードナーチャリングの話

「なんか良さそうだけどエントリーするかまだ分からない」
「とりあえず情報収集だけしておこう」
といった状態の学生とも繋がれるのが、LINE採用コネクトの特徴の1つ。

そんな温度感の学生と繋がった後、いかに興味をもってもらい、説明会への参加やエントリーに促すかが重要なポイントとなってきます。

便利機能:選択肢シナリオ

LINE採用コネクトの主要機能「シナリオ」の一つ。
シナリオを作成して配信することで、

・PUSH通知に表示されるので、高い開封率が見込まれる
・リッチメニューに設置できるので、トーク上で流れてしまうことがない
・内容をカテゴライズできるので、学生は自分が見たい情報だけ見ることができる

といったメリットがあります。

活用例1:会社の紹介

コーポレートサイトに掲載している会社概要や沿革、オフィス紹介などを掲載。カテゴリ毎、外部ページや動画、テキスト情報などに遷移させることができます。

スクリーンショット 2020-04-10 17.46.34

活用例2:先輩社員インタビュー

先輩社員に簡単なインタビューを行い、選択肢シナリオに掲載することで、学生に「働くイメージ」を持ってもらいやすくします。

スクリーンショット 2020-04-10 17.27.02

活用例3:よくある質問

学生からよく受ける質問も、選択肢シナリオで見られるようにすると便利です。

会場までのアクセスや当日の服装、持ち物などを書いたシナリオを説明会の申込者へ配信している企業様もいらっしゃいます。

スクリーンショット 2020-04-10 18.17.02

スクリーンショット 2020-04-10 18.17.08

また「この質問をタップしたら●●タグを付ける」といったことも可能です。
「選考前に、社員の方にお会いすることは可能ですか?」
という質問をタップした学生に「説明会・座談会 案内対象」というタグをつけておき、その後座談会の募集開始時に優先案内するといったことが出来るようになります。

但しここは注意!

選択肢シナリオは気軽に作成できるものですが、学生へ配信するにあたって以下の2点に注意しましょう。

①高頻度で送らない
どんなに質の高いコンテンツであっても毎日のように配信してしまうと、ブロックされてしまうリスクが発生します。
頻度やタイミングをよく検討してから配信しましょう。

②メッセージのクオリティにこだわる
せっかく配信するからには、画像や内容にこだわって作成しましょう。
・画像は見づらくないか?
・専門的な内容に寄りすぎていないか?
・文章の長さは適切か?
といったことに注意しながら、貴社オリジナルコンテンツを作ってみてください!

おわりに

いかがでしたでしょうか?
選択肢シナリオは活用の幅が広く、また簡単に作成することができますので、ぜひチャレンジしてみてください!

また今回ご紹介した内容について「もっと詳しく知りたい!」「作成方法が分からない・・・」などありましたら、カスタマーサクセスチームまでご連絡ください!

公式Twitter:https://twitter.com/linehrconnect

2
ミッションは「一人ひとりに自分らしい就活をココロ弾む仕事との出会いを」。企業の新卒採用担当者様向けに、新卒採用・LINE採用の情報をお届けします。公式Twitterはこちら>>https://twitter.com/linehrconnect