見出し画像

新卒採用にLINEを使うべき理由をグラレコで解説してみた

「学生となかなか連絡が取れない...!」

この新卒採用において多くの企業様が抱える課題を解決すべく、LINEを採用活動に取り入れる企業様が徐々に増えてきています。

今回は、そういった課題を持っていながらもいまいち踏み出せない...という方へ、なぜ採用活動でLINEを使うべきなのか?を、LINE採用コネクト カスタマーサクセスチームがご紹介します!

こんな思いをお持ちの方へおすすめ
・確かにLINEだと連絡が取りやすそうだけど、手間が増えそう
・LINEだとちょっとカジュアル過ぎる気がする
・通年採用が本格化する前に、なにか新たな手を打ちたい

変わりゆく新卒採用のあり方

画像4

新卒採用は、一括採用から通年採用へ

この流れは年を追うごとに加速していくと予想されます。今までよりも新卒採用の競争は激しさを増す。そうした状況の中で学生を惹きつけられるのは、自社の魅力を適切に届けられる企業です。

採用が通年へとシフトしていくことは、学生とのコミュニケーションも通年になることを意味します。1年を通してコミュニケーションを取り続けられるかが、新卒採用を優位に進めるポイントになります。

・みんなが一斉に就活スタート、ということがなくなる
・大学1〜2年生からインターンシップに参加する学生が増える
・周りの情報に流されず、1社1社じっくり見る学生が増える

という動きが予想される中で、企業は「学生とゆるく繋がり続ける」ということが必要となってきます。

学生にとって、LINEは最適なコミュニケーションツール

画像4

今の就活生は、高校に入る15歳頃からスマホを持ち、直接会ったことのない人ともSNSでやり取りすることに慣れている世代。

そんなソーシャルネイティブな世代には、やはりSNSで連絡するのが効率的。どんなに素敵なメールを送っても、開かれないのであれば勿体ないですよね。

上記のことから、学生と継続的かつスムーズに連絡を取るには、LINEをはじめとしたSNSが最適なのです。

LINEだからできる新卒採用

画像4

採用活動においてLINEを使うメリットを、ここでは3つ紹介したいと思います。

1. 連絡先の交換ハードルが低い

LINEであれば、QRコードを読み取るだけで友だち登録が可能。

あまり関心度の高くない企業へ電話番号やメールアドレスを教えるのはちょっと・・・という学生でも、「まだあまり良く知らないけど、一応情報収集だけしておこうかな」と気軽に登録してもらえます。

一度友だち登録してもらったら、すぐにLINEで連絡を取り合うことが可能。
メールアドレスが間違っていて連絡取れない・・・といったリスクもありません。

2. PUSH型の情報提供でエンゲージメント率向上

従来のPULL型の採用活動では、ナビサイトや企業サイト等を使い、学生自ら情報を"取りに行く"必要がありました。

一方でLINEを使えば、学生1人ひとりに合った情報を、最適なタイミングで伝えることが可能。最新情報をいち早く届けることができます。

3. 個別連絡不要で担当者の負担減!

LINE採用コネクトでは、学生とLINEでメッセージのやり取りをするだけでなく、説明会や面接の予約を受け付けることができます。

一度設定しておけば、前日にリマインドメッセージが自動で配信されるので手動で送る必要がありません。これにより、日程調整業務で1日が終わった・・・ということが大幅に改善されます。

また学生もLINEでリマインドが来ればすぐに気づくことができるため、出席率の向上にも繋がります。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

新卒採用が通年へとシフトしていくことは、学生とのコミュニケーションも通年になること。1年を通して継続的にコミュニケーションを取り続けられるかが、新卒採用を優位に進めるポイントになります。

LINEを使った採用活動、及びLINE採用コネクトについてご質問がありましたら、以下よりお気軽にお問い合わせください^^

また本記事に関して、更に詳しい内容が知りたい!という方は以下より資料をご覧いただけます。こちらもぜひご活用ください!


7
ミッションは「一人ひとりに自分らしい就活をココロ弾む仕事との出会いを」。企業の新卒採用担当者様向けに、新卒採用・LINE採用の情報をお届けします。公式Twitterはこちら>>https://twitter.com/linehrconnect